blender

I010 blender tips


blenderの覚書です。

キー設定

メニューの「編集」からプリファレンスにアクセスできます。
入力 > キーボード > テンキー模倣 

右のテンキーパッドが無い場合に、上部のキーで操作できます。

単位

長さは規定だとメートルです。
ミリメートル単位の対象を作成したり、データとして読み込む場合には、単位をミリメートルにしておきます。

変更はシーンプロパティの「単位の倍率」を0.001として、「長さ」の項目をミリメートルとします。
ビューの数値が最後には同じになります。

シーンプロパティ

ビューの設定(欠け表示修正)

下記のようにモデルを読み込んだ場合に、欠けたような表示になる場合には、ビューの設定を調整します。

(mm)

シーンをミリメーター単位にしてモデルを読み込むと欠けて見えます。(下記左)

欠けた表示
ビューの値を変更

上記の場合には、終了を10倍すると表示できました。

ファイル

インポート

CADで作成した構造をstlファイルなどで読み込めます。

エクスポート

中間ファイルへ書き出します。

出力サンプル

FreeCADで読み込んだ場合です。メッシュとして読み込まれます。

FreeCADでobjファイルリード
FreeCADでstlファイルリード

アニメーション中の形状

アニメーションの途中で止めた形状も出力できます。
以下は初期位置とぶつかった後をstlファイルで出力して、
FreeCADで読み込んだ場合です。

T125 FreeCAD Draft 3D tips
FreeCAD(Ver0.20)のDraftモジュールの覚書です。3Dのシェイプ操作に関するものです。アノテーション寸法テキストArrypolararryDraftToSketchSKetchをDraftオブジェクトに変換します。モデリング

表示

シェーディング

モデルの表示形式を切り替えます。
(右のプルダウンから形式に沿ったのプロパティを設定できます。)

3Dビューの右上
ワイヤーフレーム表示
ソリッド表示
マテリアル表示
レンダリング表示

背景色

プリファレンスから設定します。

レンダリングシェーダーだと反映されませんので、板などを置いてみます。
(そもそも環境依存ということでしょうか)

カメラ

38秒:カメラをトラック(フォーカスするオブジェクトを選択)

参考:

ビューセット

現在のビューにカメラをセットするには、
ショートカットキーで「Ctrl + Alt + 0」を押します。

焦点距離

カメラの焦点距離を小さくすると表示範囲が大きくなります。大きくすると対象物が拡大されて表示されます。

カメラやレンズにおける焦点距離とは、レンズの中心からイメージセンサーまでの距離のことで、その数字によって撮れる写真の範囲(画角)が変わります。例えば、焦点距離が小さいレンズは広い範囲を写せますが、焦点距離が大きいレンズは狭い範囲を写せます。焦点距離はレンズの性能や特徴を表す重要な指標です。

bing chat

コンストレイント

カメラが捉えたいオブジェクトと指定して追わせます。

パスコントロール

カーブを設定して、カメラを追従させます。

・カーブを設定
・カメラとカーブをペアリング(カーブに追従)
・カメラの原点をクリア
・カーブ上のフレーム数を設定
・Animationにて確認

パスをどのくらいの時間(フレーム)で通過するかを設定できます。(データプロパティ)

コメント